6月12日以降、ご利用の環境によって当ブログの閲覧ができなくなる可能性があります(詳細)

平日は1,000円。中央区佃「上海ダイニング」のお得なランチセット

平日は1,000円で味わえる 佃「上海ダイニング」のお得なランチセット

こんにちは、TOMOMIです。

今日は中央区佃、リバーシティエリアの一角にある「上海ダイニング」というちょっと小洒落た中華料理のお店についてお届けします。

八重洲通りを走るバスの窓から見えるこちらのお店、いつも大勢のお客様で賑わっている様子に興味津々でした。

特に桜の季節には、テラス席でお花見と食事を同時に楽しむお客様の姿が目立ちます。

上海ダイニングのランチメニュー

上海ダイニングのランチメニュー

上海ダイニングのランチタイムは11:30〜17:00までと、とても長いのが特徴。

私たちが訪れたのはゴールデンウィークでしたが、ちょうど谷間の平日だったので1,000円でいただけるお得なランチセットがありました。

土日祝ランチは1,350円 または 1,650円となります。

TOMOMI

種類は大きく2種類。

内容は週替わりで、いずれも小鉢、デザート、ドリンク(※)付きです。

(※) コーヒー、アイスウーロン茶、オレンジジュースの中からお好みのものを選びます。

  • A・B・Cセット
    お料理、ライス、スープ
  • D・Eセット

A・B・Cセットのライスはおかわり自由、D・Eセットもご希望の方にはライス追加可能だそうです。

また、メインをA〜Eの中からお好みで2品(ハーフサイズ)チョイスできるSセットもあります。

こちらはお値段1,350円。

お得な1,000円ランチとは違い、デザートはついていませんのでご注意を。

焼きそばや炒飯など単品ランチメニューも豊富です。

TOMOMI

Aセット 黒の麻婆豆腐

上海ダイニング・ランチAセット「黒の麻婆豆腐」

夫オーダーのAセット。

メインは上海ダイニングの看板メニューのひとつ「黒の麻婆豆腐」でした。

店員さんにどのくらいの辛さか尋ねてみると、辛いものが苦手な方にはおすすめしないとのこと。

ご自身はごはんとお水をたくさん飲みながら召し上がるそうです。

そこまでしても食べたくなるほどの美味しさなのでしょうね。

 

上海ダイニング・ランチAセット「黒の麻婆豆腐」

なるほど、見るからにHOTな雰囲気です。

途中から汗を流しながら食べていた夫。

店員さんが心配して「大丈夫ですか?」とお声がけしてくださいました(笑)

私もひと口だけ味見をさせてもらいましたが、たしかに辛かったです。

ただ、それは決して攻撃的なものではなく、マッサージを受けている時の心地よい痛みにも似たような、不快な刺激ではありませんでした。

Cセット エビのマヨネーズ和え

上海ダイニング・ランチCセット 「エビのマヨネーズ和え」

私はBの「鶏とサツマ芋の炒め」と迷った末、Cセットをオーダー。

好きだけど自宅では作らない方をチョイスしました。

作れないと言った方が正解かも?😅

TOMOMI

 

上海ダイニング・ランチCセット 「エビのマヨネーズ和え」

フレッシュなお野菜の上にはマイルドな酸味のマヨネーズで和えられた海老とお芋。

完全にごはんがススム系ですね。

しっかり味付けされてはいるものの、まったく嫌味を感じません。

これはぜひぜひリピートしたいところですが、どうやらランチのための特別メニューのようです。

上海ダイニングのアラカルトメニュー

平日ランチセットはデザート付き

上海ダイニング・ランチセット「杏仁豆腐」

食事が終わる頃にデザート(※Sセットを除く)とドリンクがサーブされます。

今日のデザートは杏仁豆腐。

私はごはんをおかわりしたら、ボタンを外すほどの超満腹になってしまったため断念。

夫に食べてもらいました。

ランチセットは見た目よりボリュームがあります。

TOMOMI

お食事だけでなく、カフェとしても利用可

上海ダイニング・カフェメニュー

上海ダイニングはカフェ&チャイナグルメのお店。

実はお食事だけでなく、杏仁豆腐やマンゴープリン、揚げパンといった、中華のお馴染みデザートを中心としたカフェメニューもあります。

隅田川テラスのお散歩途中にちょっとひと息するには穴場的存在。

上海ダイニングおすすめ度

上海ダイニング
店内の雰囲気
(4.0)
お味
(4.5)
お値段
(5.0)
快適度
(4.0)
総合評価
(4.5)

今回はラッキーなことに窓際のお席だったので、テラス席ではなくてもおいしい食事と一緒に隅田川の長閑な景色も楽しむことができました。

店内は混雑していますが、中華料理店ということもあり回転が非常に早く、順番待ちのストレスは感じられません。

肝心のお味も飽きのこない上品な味付けで、このお値段ならかなりコスパが高いと言えるでしょう。

個人的には文句ナシの星5つなのですが、最寄りの月島駅からも徒歩10分とアクセスにやや難アリ。

都営バスなら東16を「リバーシティ21」で下車、バス停から徒歩2〜3分とはいえ、近隣住民・勤務者以外が足を運ぶにはわざわざ感があります。

そのため、星を0.5マイナスしました。

東16 東京駅八重洲口→東京ビッグサイト行 時刻表

上海ダイニングの営業時間とアクセス

中央区佃「上海ダイニング」
東京都中央区佃2-1-3 共同通信社研修交流センター1F
03-5166-0105
ランチ:11:30~17:00(L.O.16:30) ディナー:17:00~22:30
東京メトロ有楽町線・都営大江戸線「月島駅」6番出口から徒歩10分
www.kyoei-kikaku-group.co.jp/shanghai_index.html

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

2 Comments

primex64

コスパの良い中華ですね。
黒い本格麻婆豆腐が「上海」の範疇かというと、それはきっと四川なんだと思うのですが、でも写真を拝見する限りだと、四川の陳タイプの麻辣が強い本格派って感じですね。黒い色は豆板醤と同時に豆鼓醤も多量に入り、逆に甜麺醤が入っていない証拠です。恐らく花椒(中国山椒=ホワジャオ)も多量に入って痺れが強いのではないかと思われます。

返信する
TOMOMI TOMOMI

> primex64さん

そうなんですよ〜。
バスからは遠目にしか見えないので、一体何のお店がわからずに行ってみたら大当たりでした♪
なるほど、あの麻婆豆腐の中身はそんな風になってるんですね。
甜麺醤が入っていないとなると、甘みが見当たらないような?(。・_・。 ))(( 。・_・。)
全然、上海っぽくないような気がする〜!
でも美味しいからいっかw

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください