更新情報&お知らせ

WordPress子テーマに「header.php」を追加する方法 for beginners

子テーマにファイルを追加

こんにちは、TOMOMIです。

今日はWordPressでブログを運営している方向けのお話しです。

カスタマイズしようと思ったら、子テーマの中に「あれれ?ファイルがない!?」という経験ありませんか?で、仕方なく親テーマを編集・・・。

これではなんのために子テーマを導入しているのかわからなくなっちゃいますよね。そんな時の解決法をご紹介します。

 

 以下の環境で説明を進めます。使用テーマ、サーバー、ソフトなどによって、作業・表示内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

テーマ ハミングバード
サーバー エックスサーバー
ソフト FFFTP

 

準備するもの

FTPソフト

ファイルをサーバーにアップロードしたり、ローカル(PC)にダウンロードするために使用するツールです。

有名なものに「FileZilla」「Cyberduck」などがあり、私は「FFFTP」というソフトを使っています。

 

TOMOMI

FFFTPは一時セキュリティに大きな問題がありましたが、有志のみなさまにより現在は問題が解消されています。気になる方はほかのソフトをご使用ください。外見は異なっても、作業内容は同じです。

 

Step1. テーマフォルダの場所を確認

はじめに、WordPressのテーマがインストールされている場所を探しましょう。

テーマ

FFFTP右側の画面(サーバー)を「example.com」→「public_html」→「wp-content」の順にクリック。「themes」というフォルダがみつかったら、それを開きます。この中にWordPressのテーマがとテーマがインストールされています。

 

Step2. 親テーマからファイルをダウンロード

ワードプレステーマ

インストールされているテーマの一覧。hummingbirdが親テーマ、hummingbird_customが子テーマ。まず、上の親テーマを開きます。

 

ハミングバードファイル

たくさんのファイルの中から「header.php」を探し選択。

 

子テーマ

左側の画面です。これからheader.phpをローカル(PC)にダウンロードします。下向きになっている矢印ボタンをクリック。

 

子テーマ

ダウンロードできました!

 

Step3. ダウンロードしたファイルを子テーマのフォルダにアップロード

子テーマアップロード

/example.com/public_html/wp-content/themes/

サーバー側(左)をこの画面まで戻します。今度は子テーマのhummingbird_customを選択。

 

子テーマアップロード

ローカル(左)にあるheader.phpを選択。上向きの矢印をクリックしてサーバーへアップロードします。

 

子テーマアップロード

サーバー(右)にheader.phpがアップロードされました。

 

子テーマアップロード

WordPress → 外観 → テーマの編集でheader.phpが追加されていることを確認!これで親テーマをさわることなく、ヘッダーが編集可能になりました。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
人気ブログランキングは退会いたしました。今までどうもありがとうございます!

コメントを残す