6月12日以降、ご利用の環境によって当ブログの閲覧ができなくなる可能性があります(詳細)

大空に羽ばたこう!2018年 年明けうどんはつるとんたん@羽田空港店で

大空に羽ばたこう!2018年 年明けうどんはつるとんたん@羽田空港店で

こんにちは、TOMOMIです。

わが家の年末年始2017−2018」3回目の舞台は新年を迎えたばかりの羽田空港国際線旅客ターミナルから🛩

「これからハワイなの🌺」とご報告できれば良かったのですが、単に遊びに行っただけです。

しかも元旦に😅

空港、好きなんですよね〜。

その場にいるだけで、なんとなくワクワクしてきませんか?

海外に行く時も直行便があるにもかかわらず、わざわざ乗継便を選ぶタイプです😊

新春はねだ江戸翼まつり

羽田空港国際線旅客ターミナル

お正月の羽田空港では「新春はねだ江戸翼祭り」と題し、様々なイベントが繰り広げられていました。

ステージ以外でも、江戸小路の街中をチンドン屋さんや大道芸の方々がいろんな場所でパフォーマンスなさっていて楽しかったです。

そうそう、獅子舞もいました!

頭カジカジしてもらえばよかったかな?

 

 

 

年明けうどんとは?なぜ羽田?

年明けうどんとは、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることで、その年の人々の幸せを願うものです。年明けうどん 公式サイト

紅い具をのせて食べると更に◎だそうです。

年越しそばは違い、完全に商業ベースなイベントですけど、願掛けついでに乗っかってみました(笑)

 

元旦からわざわざ羽田空港に行ったのは理由があります。

それは「年明けうどん」を羽田空港のつるとんたんで食べたいから。

ポイントは「空港」。

大空に羽ばたく飛行機のように、2018年は飛躍したい!

そんな気持ちが込められています😊

天扶良のおうどん

天扶良のおうどん

今回チョイスしたのは「天扶良のおうどん」。

湯葉・かまぼこ・ねぎがトッピングされた、限りなく素うどんに近い、とってもシンプルなおうどんに天ぷらが添えられています。

年明けうどんの定義に基づけば、「梅干のおうどん」の方が相応しいのですが、どうしても天ぷらが食べたかったので(笑)

まあ、器が「紅」だからOK?

 

つるとんんたんのおうどん 1.5玉
つるとんんたんのおうどん 2.5玉

注文の際、おうどんの種類(太麺・細麺)と量(3玉まで無料で増量可*1)を選ぶことができます。

写真左(上)が私オーダーの1.5玉、そして右(下)が夫オーダーの2.5玉。

さすがに2.5玉は迫力ありますね〜😋

TOMOMI

*1 一部のメニューを除きます。詳細はお店でご確認ください!😉

 

つるとんたんの天扶良

天ぷらは獅子唐、茄子、海老、さつま芋、それから海苔もあったような気がします。

曖昧な記憶でスミマセン😅

お塩をほんの少しつけていただくと、口の中で素材の旨味がジュワーと広がり、これが病みつきになるんですよね〜。

揚げたてだから、衣はサックサク♪

おうどんも好きですが、この天ぷらお目当てにつるとんたんに通っていると言っても過言ではありません😎

TOMOMI

成田空港にも出店してほしい!😊

 

一推しの純正きつねのおうどん。Amazonからもご購入できます♪😊

お店情報「つるとんたん 羽田空港店」

東京都大田区羽田空港2-6-5 東京国際空港線旅客ターミナル4F
03-6428-0326
6:00〜24:00(ラストオーダー 23:30)
www.tsurutontan.co.jp/shop/haneda-udon/

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.