更新情報&お知らせ

いつもと少し違う!? 迷惑メール「お使いのApple IDのパスワードがリセットされました。」の内容

DO NOT ENTER

3連休が終わりました。

連休後は普段よりスパム(迷惑メール)が増えます。

今日は夏休み中に届いた一通のメールを紹介させてください。

 

お使いのApple IDのパスワードがリセットされました。

spam mail

実際に届いたメールです。英語バージョンのものは何度か受け取ったことがあるのですが、今回は日本語で書かれていました。

しかも受け取ったのが、いちばん具合の悪いとき!

一瞬、判断が鈍りました。
もう少しでクリックするところだったよ。
危ない、危ない・・・。

 

「具合の悪いとき 」についてはこちらでチラッと書いています。
Summer Vacation 2017
SUMMER VACATION 2017!

 

spam-2

微妙な日本語ですね。そもそも、ネイティブ日本人はメールの出だしに「拝啓」なんて書かないって。特にビジネスメールは。翻訳機能使ったのバレバレだよん♪

アカウントをロックするとか、ドキッとする内容ですが、絶対にクリックしないでくださいね!フィッシング詐欺です!!

 

spam 4

いやいや、全然、信頼できませんってば。
セキュリティソフトを偽装してますね。
それにしても、なぜ、ここだけ英語?

 

スパムメールの差出人

「Apple IDのパスワードをリセットしました」という内容のスパムは、以前から大勢の人たちによって警告されています。

有名なのは「apple.co.jp.jr」という差出人。
「jr」って何?💧

@の前は「info」とか「servise」とか、いろいろバリエーションがるようです。

 

spam 3

私のところに届いたスパムの差出人は「Activity Secured」。検索の仕方が悪いのか、この組織についてよくわかりませんでした。

最初の画像を見てもらえばわかるように、本文にAppleという名前がまったく出てこない上、りんごロゴも見当たりません。

そう、ほかのブロガーさんに届いたものとは、ちょっと違うんです。

一体、どのルートから回ってきたのやら。
これはこれで不安・・・。

ちなみに差出人アドレスは「cludsbuchery123(あまりにも長いから中略)dateyourinfo@komik-crew.com」でした。

適当に作ったのではなく、ちゃんと人が考えたような感じ。

同じメール受け取った方、いらっしゃいませんか???

 

スパムメールを受け取ったら

ゴミ箱へポイしたら、放置が基本です。

ドメイン指定で受信拒否すると更に◎

面倒でなければ、Appleに報告するのも良いでしょう。

Apple では以下のメールアドレスにご報告いただいた内容をチェックしています。返信は差し上げない場合がありますので、ご了承ください。

  • Apple を装ったフィッシングメールを受信したと思う場合は、そのメッセージを reportphishing@apple.com に転送してください。
  • iCloud.com、me.com、または mac.com の受信ボックスに届いたスパムやその他の疑わしいメールについて報告するには、そのメッセージを abuse@icloud.com に転送してください。
  • iMessage で受け取ったスパムやその他の疑わしいメッセージについて報告するには、そのメッセージの下の「迷惑メールを報告」をタップするか、iPhone、iPad、iPod touch、Mac でスクリーンショットを撮って imessage.spam@apple.com に送信してください。
  • iTunes Store、App Store、iBooks Store での購入履歴について疑わしいメッセージが届いた場合は、iTunes サポートにお問い合わせください。

フィッシング詐欺やその他の疑わしいメッセージについて Apple に報告する
下の方までスクロールすると、オリジナル記事をご覧になれます。

 

最後に参考記事をもうひとつ。不正利用されたかどうか確認する方法や、Apple ID奪還方法などが書かれています。

参考Apple ID の不正利用が疑われる場合

 

TOMOMI

もしかすると、本当に「心当たりがある」という方もいらっしゃるかもしれません。たとえそうでも、すぐにはクリックしないで、まずはApple公式HPに相談してみましょう。

https://support.apple.com/ja-jp/contact

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
人気ブログランキングは退会いたしました。今までどうもありがとうございます!

コメントを残す