6月12日以降、ご利用の環境によって当ブログの閲覧ができなくなる可能性があります(詳細)

わが家の電気代大公開!真夏のエアコン1ヶ月つけっぱなしチャレンジ!

真夏にエアコンを1ヶ月つけっぱなし

こんにちは、TOMOMIです。

先週、こんな記事を目にしました。

彦摩呂は番組に“おデブ代表”として出演。おデブの悩みとして「夏は、エアコンをずっとつけ放しだが、暑い日が続いた今年7月の電気代は、独り暮らしなのに1か月5万6000円だった」と打ち明けた。

彦摩呂、驚きの1か月電気代「独り暮らしなのに…」

これは9月22日(金)に放送されたトークバラエティ番組「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」に出演された、タレント・彦摩呂さんのトークの一部。

5万6,000円!?

ものすごい金額ですね。

この夏、わが家も初のエアコンつけっぱなしを経験しました。

請求書が届くまでの1ヶ月間、快適な日々とは裏腹に心はドキドキしっぱなしです。

真夏にエアコンをつけっぱなしにしようと思った理由

それはズバリ、熱中症予防対策です。

去年の夏、夫が熱中症で入院してしまいました。

ちゃんとエアコンをつけていたにもかかわらず、です。

入院費用は3日間で39,980円
差額ベッド代・テレビ代は別料金です。

その後の通院費も含めたら、それはそれは痛い出費でした。

もちろん夫の命には代えられないけど、まったく想定外の出来事だったので・・・そこはお察しください。

で、今年の夏はぜーーーったいに熱中症にはさせないぞ!キャンペーンを展開することにした私。

人生初のエアコンつけっぱなし生活に突入です。

TOMOMI

スタート時の想定最大料金は30,000円。果たして、わが家の電気代はいくらになったでしょう?

エアコンつけっぱなしの条件

間取り 3LDK
稼働数 1台(これで1部屋を除き、キッチンなども含め、ほとんどのお部屋をカバー)
設定温度 25℃
稼働時間 もちろん、24時間!湿度が高い日(70%以上)は冷房→除湿に切替え。その際も停止ボタンは押さない。
エアコン不使用月の金額 平均7,000円。今のマンションに引っ越してから、これでもかなり安くなりました
電力会社 東京電力
その他 空気清浄機(24時間稼働)&洗濯乾燥機(1日1回)

真夏にエアコンを1ヶ月つけっぱなしにした結果

2017年8月の電気使用明細

2017年8月電気使用明細

エアコンを1ヶ月つけっぱなしにした2017年8月の電気使用量は423kWhで料金は11,647円

想定を大幅に下回る結果となりました。

1日あたりの電気使用量は13.22kWh、コストは364円です(端数は四捨五入)。

この数値がエアコンを使用していない時期と比較してどのくらい違いがあるのか考えてみます。

エアコンつけっぱなしとエアコン未使用時の電気使用量を比較

エアコンつけっぱなしの8月とエアコン未使用の5月の電気使用明細

2017年8月電気使用明細
2017年5月電気使用明細

エアコンをつけっぱなしにしていた8月の電気使用量は423kWh、料金が11,674円でした。

対して、まだエアコンを使用していなかった5月は296kWh7,797円

単純に比較するとその差は127kWh、金額にして3,877円ですが、両月の集計日数が1日異なるため、条件を揃えることにします。

集計日数 使用量 1日あたりの使用量 集計を33日で計算した場合の使用量
8月 32日間 423kWh 13.22kWh 436kWh
5月 33日間 296kWh 8.96kWh
スマホ・タブレットの方は横にスクロールさせてください。

8月の集計を5月に合わせ33日間にすると、電気使用量は約436kWhとなりました。

エアコンを使用していない5月と比較すると、約47%UPです。

次にエアコンをつけたり消したりしていた2016年の8月と比較してみましょう。

真夏のエアコン「つけっぱなしvsつけたり消したり」勝者はどちら?

つけたり消したり2016年のエアコン使用条件

間取り 3LDK
稼働数 1台(これで1部屋を除き、キッチンなども含め、ほとんどのお部屋をカバー)
設定温度 29℃
稼働時間 夏日:朝7時~10時 夜:18時~25時 / 真夏日:7時~26時。タイマーで管理。5時間以上の外出時以外は基本的に止めない。湿度が高い日(70%以上)は冷房→除湿に切替え。
エアコン不使用月の金額 平均7,000円。今のマンションに引っ越してから、これでもかなり安くなりました
電力会社 東京電力
その他 空気清浄機(24時間稼働)&洗濯乾燥機(1日1回)

つけっぱなしの2017年とつけたり消したりの2016年の電気使用明細

2017年8月電気使用明細
2016年8月電気使用明細
8月 集計日数 使用量 1日あたりの使用量
2017年 32日間 423kWh 13.22kWh
2016年 32日間 402kWh 12.56kWh
スマホ・タブレットの方は横にスクロールさせてください。

エアコンつけっぱなしだった2017年8月の電気使用量は423kWhで料金が11,674円、つけたり消したりしていた2016年は402kWh10,180円でした。

その差はわずか5%

やはりつけっぱなしの方が使用量は若干多くなるとはいえ、誤差の範囲と言っても良いくらいの差しかありません。

それにつけたり消したりの2016年はエアコンの設定温度が29度と、つけっぱなしの2017年とは4度も違います。

夫が29度で熱中症になったため、翌年は25度まで設定を下げました。

これがもし同じ条件だったら?

あくまでも仮定の話ですが、もしかするとつけたり消したりの方が使用量が多くなっていたかもしれません。

また、料金に関しても単純比較では1,467円の差、燃料費調整分を考慮した場合、たったの842円とレストランのランチセット1回分にも満たない金額しか差がないことがわかります。

というわけで、わが家的にはつけっぱなしの勝利としたいと思います。

真夏にエアコンを1ヶ月つけっぱなしにしてわかったこと

使用量 1日あたりの使用量 料金 1日あたりの料金
つけっぱなし 423kWh 13.22kWh 11,674円 364.81円
つけたり消したり 402kWh 12.56kWh 10,180円 318.13円
未使用 287kWh
(296kWh)
8.96kWh 7,561円
(7,797円)
236.27円
スマホ・タブレットの方は横にスクロールさせてください。
集計期間はすべて32日間に統一しています。
(カッコ)内に書かれている情報はオリジナルです。

わが家の場合、エアコンをつけっぱなしにしても使用量は423kWhと極端に増えることなく、つけたり消したりタイマー管理していた方がコスパが悪いという結果になりました。

この金額で快適な毎日を過ごすことができ、熱中症のリスクを回避できるのはとてもうれしいことです。

エアコンは使用を控えれば控えるほど、コストを抑えることが可能。

ただ、わが家の目的は「節約」ではありません。

予算内で十分快適に過ごせることが確認できたので、来年の夏は心置きなく・・・はやっぱり無理!多少ドキドキしながら、エアコンつけっぱなし生活を楽しみたいと思います😊

note
この記事は「わが家の電気代大公開!真夏にエアコンを1ヶ月つけっぱなしにした結果」と「わが家の電気代大公開!真夏のエアコン「つけっぱなしvsつけたり消したり」勝者はどちら?」を統合リライトいたしました。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください