更新情報&お知らせ

父親似?母親似?あなたは誰に似ていますか?

父親似?母親似?

こんにちは、TOMOMIです。

突然ですが、あなたは父親似ですか?それとも母親似?

人は誕生してから両親をはじめ、親戚一同をグルッと1周してから、2~3歳ころにはオリジナルの顔に落ち着くという話を聞いたことがあります。

それぞれが自分に似ているところを発見し、喜び、愛情を注ぐ。

これが本当かどうかはわからないけど、まだ誰かの力を必要としなければ生きていけないことを考えると、まったくあり得ない話ではなさそうです。

私は生まれた時~中学くらいまでは完全に父親似でした。

父本人でさえ卒業以来会ったことのないような同級生から「お嬢ちゃん、TOMOMI父の子やろ?」と声を掛けられたくらい😅

1度や2度の話じゃないから、本当に瓜二つだったのでしょうね。

TOMOMI

同級生とは、父親の同級生のことです。念のため。

0歳~幼少期の私

TOMOMI 0歳

父親にしか似ていなかった0歳児の私。

眉毛の角度とか、そのまんまです(笑)

ベビーカーを押してくれているのは、近所に住む小学生。

赤ちゃんが誕生した家には、こうして近所の子供たちが入れ替わり立ち替わり遊びに来てくれたそうです。

いろんな人から可愛がられて育ったんだな~😊

TOMOMI

このお姉ちゃん、今どこでどうしてるんやろ?顔出しできないのが残念ですが、小学生なのにすでに美人さんです❤

 

TOMOMI 3歳

この写真を撮ったときの記憶がうっすらと残っています。

父とふたりで遊んでいました。

たぶん3歳くらい?

この頃も父に激似。

だけど目だけが、ちょっと違うんですね~。

父似だったら、もっと目が細くなきゃいけない!(笑)

目はほんの少しだけ母の要素も含めまれているようです。

思春期~20代の私

まあ、こんな感じで父の女バージョンみたいな顔で成長した私ですが、中3のころからその面影がだんだん無くなりつつありました。

そして、ついに高校を卒業した18歳。

両親のどちらにも似ていません!?

 

母にはね~、ホント似ていないみたいです😅

美容院で母子一緒にカットしてもらったら、マジマジと見比べられ「・・・似てませんね」と。

当時すでに父親にも似てなかったので「父親似なんです❤」とも言えず。

 

父のオフィスで取引先の方にご挨拶をした時もそうでした。

 

父「娘です。」

取引先の人「また、また、ご冗談を~(笑)」

父「いやいや、ホンマですって。」

私「はじめまして、娘のTOMOMIです♪」

取引先の人「ええっ?えっ???(めっちゃ困惑している)・・・ホンマに???」

私「はい❤」

取引先の人「えええええええっ!嘘やろーーー!!!😱」

 

いやいや、嘘ついてどうするん?って感じなのですが😅

こんな時って、一般的にはお世辞でも「口元が似てますね」とか、それこそ嘘とわかっていてもそんな風に言うものだと思っていました。

が、私の場合、あまりにも似ていないのでしょうね。

とにかく、みなさん驚かれます。

親に聞いてみた!私は誰似?

そうえいば、一度だけ母に質問したことがありました。

私は誰に似ているの?と。

母曰く(それもしばらく悩んでから)、「おじいちゃん似」だそうです。

おじいちゃん・・・どっちのおじいちゃん?

父方のおじいちゃんは父と似ています。

母方のおじいちゃんは母がそっくりです。

じゃあ、どこのおじいちゃん???

たぶん、母のおじいちゃん、つまり、私のひいおじいちゃんに似ているのではないかと。

ひいおじいちゃんは私が20歳まで存命だったので、顔はなんとなく覚えています。

ただ会った回数が少ないので、ハッキリとではありません。

顔はともかく、もしかすると行動パターンとかは似てるかも。

性格は父方のおばあちゃんに似てると思います。

おしゃべり好きなところとか、整理整頓が苦手なところとか。

あ、これは性格じゃないか(笑)

TOMOMI

結局、母も誰に似ているかわからなかったっぽい💧

30代の私

そんな感じで月日が流れ、30代になったころ、鏡の中の自分を見て驚きました。

若いころの母にそっくり!

各パーツを比較したら違うんだけど、全体的なクッキリとした表情(ちょっとキツイともいえる)がまるで母みたいで。

今さら、母に似るとは想像もしてなかったわ~。

 

そうかと思えば、30台後半、少し俯き加減で笑ったときの表情が、父親に激似でこれまたビックリ!!

あ~、また父路線に戻ったのか・・・と、少しガッカリする私。

いえ、母はねどちらかというと「美人タイプ」なんですよ。

本物の美人ではないんですけど、可愛い系と美人系どちらかと問われると、あきらかに後者。

だから母に似ると、少しうれしい❤(笑)

TOMOMI

若いころの母は、ほんの少し元歌手の山口百恵さんっぽい雰囲気でした。

現在の私

そして40代の今、またどちらにも似ていない時期に入りました。

先月、両親の家に行った時のことです。

リハビリに向かう父を見送るため、迎えにきてくださった施設の方に私もご挨拶しました。

もちろん、「娘です」と。

すると目を見開いて、父と母と私を交互にキョロキョロ。

「に・・・似てませんね💧」

いや~、もう、本当に似てないのでしょうね。

別に何も言わなくてもいいのに、みなさんわざわざ「似てない」とコメントするくらいだから、相当似てないということがよくわかりました😅

これからの私

人生の折り返し地点を過ぎて、これから私の顔はどんな風に変わっていくのでしょう?

父親似?母親似?それとも夫似?

夫婦も一緒にいると、だんだん顔が似てくるって言いますもんね~。

果たしてどんな顔で最後を迎えるのか、密かな楽しみです♪

また、父親激似に戻ったりして!?(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村の登録カテゴリを一部変更しました。「専業主婦」からお越しくださったみなさま、今までどうもありがとうございました!

コメントを残す